<戻る

◎世界糖尿病デーイベント

(11/14〜20)  

 

 

 

 インスリンの発見者であるフレデリック・バンティング氏の誕生日にあたる、11月14日は「世界糖尿病デー」です。1991年に国際糖尿病連合(IDF)とWHOによって制定されました。

 世界糖尿病デーのキャンペーンには、青い丸をモチーフとした「ブルーサークル」が用いられています。国連やどこまでも続く空を表す「ブルー」と、団結を表す「輪」をデザインし、世界中で糖尿病抑制に向けたキャンペーンを推進しています。 

今年の糖尿病週間は『重症化予防』をテーマに、全国各地で一般向けの講演会や健康相談、街頭での広報活動などを各都道府県糖尿病協会や友の会が主体となり、地域単位で啓発活動を行っています。

当院でも2009年よりイベントを開催しており、今年度は透析を遅らせるために、糖尿病腎症に関するポスターを1階廊下に展示します。この機会に一緒に学びませんか?

1.一般的な腎症の進行について・・・検査データの説明と見方

2.各腎症の療養生活について

3.腎症の食事療法について・・・各病期による食事内容の違い

4.腎機能の悪化(透析について)

 

     ★糖尿病週間中は、各職員思いおもいの場所に「青いスカーフ」を身につけています。

 

 

 

[HOME]