<戻る    当院のドクター                       次へ>

佐々木 嵩 理事長

糖尿病は病気というよりは、血糖が高くなり易いひとつの体質のようなものでひとり一人の病状に特徴があります。長い療養経過の中で、その時に適した治療をしていくことが必要です。最近は薬物治療も進歩して多くの内服剤、インスリン製剤が新たに出てきました。これらを用いて病状に適した治療ができるようになりました。そして患者さんも正しい自己管理を身につけて丈夫な身体でこれからの人生を歩んでいただきたいと思います。

 

石井 勝久 院長(循環器科)

   

坂井 恵子 医師(内科)  

永坂 嘉章 医師(眼科)